遠隔監視システム

遠隔監視システム

ポイント1
通信ネットワークによって365日24時間の遠隔管理が可能

ポイント2
異常に至る前の変調段階でエレベーターの状態が把握でき、トラブルを未然に回避可能

ポイント3
万が一、閉じ込め等のトラブルが発生した場合でも エレベーター利用者とインターホンで直接会話ができるから、適切な対応が可能

ポイント4
遠隔監視装置により運行データに収集。「ご利用状況報告書」を提出

エレベータ−の動作状況を常に遠隔監視しているので、異常に至る前の変調段階で対応が可能です。
深夜・早朝などのオーナーや管理者が不在の場合も、365日×24時間見守っています。
万が一閉じ込めなどのトラブルに巻き込まれても、エレベーター内のインターホンで直接会話が可能なため、 適切で迅速な対応ができます。サービスセンターのモニターには、お客様のエレベーターの動作状況 (停止階数・運行状況・ドア開閉状況etc.)がリアルタイムに写し出されます。


遠隔監視装置により運行データに収集。「ご利用状況報告書」を提出の仕組み

エレベーターの動作に変調がみられる場合、ただちにサービスセンターからの出動指示を出すとともに、 エレベーター内の利用者に直接話しかけることも可能です。
トラブルを未然に防ぐこれからの時代のエレベーターメンテナンスシステムです。
また、監視カメラシステムとは違い、お客様のプライバシーも損ないません。