エレベーターリニューアルのご案内 ELEVATOR DEPOT

リニューアルプランの特徴

エレベーターデポは皆さまのニーズにお応えします。

  • 月々のメンテナンス費用も考えたエレベーターがいい
  • とにかく安心して乗れるエレベーターがいいわ
  • もしもの時に対応が早いエレベーターでなくっちゃ
  • 体が不自由な方でも乗れるエレベーターがいいのお
  • 安全に乗れる機能も充実しなくっちゃ
  • 防犯対策も考えたエレベーターにしたい
  • ペットも乗れるエレベーターがいいなあ
  • もっとステキなエレベーターがいいな

ELEVATOR Depotは皆様のニーズに応えます。


安全設備

理想のエレベーターをカスタマイズできます。

老朽化したエレベーターは安全面でも問題が生じてきます。毎日使う物だから、 安全面をしっかりと考えたリニューアルをお勧めします。

より高い安全性でお応えします。

多種多様化する建造物に比例して、エレベーターも高度化しています。 そして、エレベーターのタイプ・経年・管理状況・メンテナンス予算等によってお客様のニーズも多種多様化しています。
エレベーターデポはそんなお客様の声を取り入れ、より最適なエレベーターリニューアルプランをご提案します。 あらゆるニーズに対応するため、グループ各社の連携による部品の調達や迅速な対応を実現し、 より安全で魅力的なエレベーター空間をご提供します。
「こんなエレベーターがあったらいいな」を実現します。

地震管制運転装置(有償付加仕様)

エレベーターが運転中に地震が発生した場合、その揺れを感知器が検出、 速やかにエレベーターを最寄階に停止させ、乗客を避難させます。
(S波を特低・低の2段階で検出)
特定ガルのP波及びS波のみを検出した場合は、ある一定時間経過後、自動的に復帰します。

また、初期のタテ揺れのP波を検出できるセンサーを有償付加することもできます。

 
火災管制運転装置(有償付加仕様)

火災が発生した際、火災受信盤と連動して、速やかに避難階へ着床させます。

 
停電時自動着床装置(有償付加仕様)

停電などで、エレベーターの中に人が閉じ込められた場合、 自動的にエレベーターの状態を確認した上、バッテリーで速やかに最寄階へエレベーターを着床させ避難することができます。

 

地震発生フロー1 地震発生イメージ 地震発生フロー1

セキュリティー

さらに安心の機能も充実

安心直通運転仕様(有償付加仕様)

指定した時間帯に、専用ボタンで目的階に直通運転ができる機能です。 例えば、深夜にテナントへの部外者進入を防ぐ効果があります。

 
非常時レスキュー機能(標準仕様)

エレベーターが階と階の途中で停止した場合も、乗客を可能な限り閉じ込めないための機能です。
コンピューターがエレベーターを動かして安全と判断した場合、自動的に最寄り階に低速運転にて着床してドアを開けます。

 

遠隔監視サービス機能

遠隔監視機能で自動的に異常情報をサービスセンターに通報します。 常にエレベーターの動作状況を遠隔監視しているので、異常に至る前の変調段階で対応が可能。 深夜・早朝などのオーナーや管理者が不在の場合でも、サービスセンターで365日×24時間見守るから突然のトラブルでも安心です。
サービスセンターのモニターには、お客様のエレベーターの動作状況(停止階数・運行状況・ドア開閉状況etc.)が リアルタイムに写し出されます。エレベーターの動作に変調が見られる場合、ただちにサービスセンターからの出動指示を出すとともに、 エレベーター内の利用者に直接話しかけることも可能。トラブルを未然に防ぐこれからの時代のエレベーターメンテナンスシステムです。
※この機能は、遠隔監視機能付きメンテナンス契約が必要になります。

 

エレベーターのことを熟知した技術力

オーナーや管理会社が一緒で建物によってエレベーターの機種が異なっても対応できます。 国内大手メーカーはもとより海外メーカー、船舶用など特殊機種まであらゆるエレベーターに対する知識と技術を持っています。
1台1台のエレベーターは、きめ細かくコンピューターでデータ管理、部品調達やメンテナンスの強化に役立てています。

 
24時間いつでも対応

24時間動き続けるエレベーターに対し、24時間体制でスタンバイしています。 エレベーターに異常があれば、真夜中でもすぐに専門スタッフが現場に駆けつけ、トラブルを早急に解決します。

 

エレベーターの閉じ込めに強い味方

従来のエレベーター内インターホンは、通常管理人室への呼び出ししか対応していません。 管理人等が不在の場合でもエレベーター内から連絡が取れるようにするのが【たんとう直通】です。 インターホンでの呼び出しに応答がない場合、【たんとう直通】が作動し、 電話回線を通じて24時間対応のサービスセンターにアクセスします。これでエレベーターの中から 直接メンテナンス会社の担当者と通話が可能になります。
エレベーターデポでは技術面でのエレベーターリニューアルだけでなく、“お客様への安心感”という ハートフルな側面でのリニューアルをご提案します。

※この機能は、直話付メンテナンス契約が必要になります。

 
防犯カメラも設置できます(有償付加仕様)

エレベーター内がイタズラだけでなく、犯罪行為に利用される問題も少なくない昨今、 皆様の憤り、不安は計り知れません。より安心なエレベーターの為に、防犯カメラの設置もおすすめしております。 デジタル画像で拡大しても画像の劣化が最小限なので、不審者の顔もハッキリと判別できます。
従来エレベーターに防犯ビデオカメラを設置する場合、時間とコストがかかりました。 エレベーターデポならではの技術とノウハウは驚きの低コストを実現しました。
もちろんエレベーターだけではなく、建物全体への設置も可能です。
専門スタッフがお客様のニーズにお応えします。
また、マンションなどへのリニューアル等も承っております。ご相談ください。

※但し、防犯窓付きドアはプランCを選択した場合となります。

 
防犯運転仕様(有償付加仕様)

非常時にかご内防犯ボタンを押すことにより、警報音が鳴り最寄階に着床してドアが開きます。

 

便利機能

エレベーターデポならエレベーターに乗るのが楽しくなる

便利で快適な空間を
エレベーターがもっと便利なら、暮らしももっと便利になる・・・・・・。 エレベーターデポはそう考えてさまざまな便利機能をエレベーターに加えました。
オートロック機能(有償付加仕様)

オートロック連動で、 人がエントランスに入ってくるとエレベーターがエントランス階にお出迎え、ご訪問のお出迎え、 ご訪問のお客様を待たせません。

 

人にやさしい副操作盤(有償付加仕様)

車椅子の方や小さなお子さまのために副操作盤もご用意しています。 大人の腰の高さの位置に取り付けられます。
また、視覚障害者対応として操作ボタンには点字表示も可能です。エレベーターデポはどなたにでもやさしいエレベーターを提供します。

 

音声合成アナウンス(有償付加仕様)

エレベーターの運転方向や停止階案内などを、音声でお知らせします。

 

到着チャイム(有償付加仕様)

エレベーターの到着をチャイムでお知らせします。

 

かご呼び取り消し機能(標準仕様)

かご内で間違って押してしまったボタンを、取り消すことができる便利な機能です。 無駄な動きをカットします。

 

呼び登録暗証番号機能(有償付加仕様)

任意のボタンを指定された順序で押すことにより、特定の階を利用できるようにする便利な機能です。専用階の利用に便利です。

 

ペット運転(有償付加仕様)

ペットが飼えるマンションも増加する中、 動物アレルギーなどでお悩みの方も多いはず。「ペットと同じエレベーターに乗るのはちょっと・・・。」という方にも安心の機能。
そのエレベータにペットが乗っているかどうかが外から分かり、違うエレベーターを呼び出せます。
ペットをめぐるマンション内のトラブル防止に役立ちます。

 

手すり(有償付加仕様)

車椅子利用者や、足腰の不自由な方の介助として取り付けます。

 

戸開放延長ボタン(有償付加仕様)

引越や荷物の積み下ろしなどに便利です、また、 身体の不自由な方でもあわてずに乗り降りしていただけます。

 

マルチビームドアセンサ(有償付加仕様)

エレベーターの出入口全面に設けた最大80本の赤外線ビームによて、 乗客の乗り降りをチェック。センサが感知するとドアを開きます。

 

豊富なカラーバリエーション(有償付加仕様)

建物に合わせ、ボタンなどのカラーバリエーションを増やしました。 従来の発想にとらわれることなく、常にお客様のニーズに対応するためにエレベーターデポは斬新なアイデアを実践していきます。

 

サービス階切り離し(有償付加仕様)

サービス階切り離しスイッチまたはキースイッチにより、 特定の階へエレベーターを停止させないようにすることができます。
※管制運転作動中は、停止する場合があります。

 


納得のコストパフォーマンスを実現

エレベーター専門の強みがあります。

エレベーターのリニューアルの費用もさることながら、リニューアル後のメンテナンス費用は気になるところ。 例えばマンションにお住まいの方は、毎月払っている管理費の中のエレベーターメンテナンス費用はどれほどの割合を占めているかご存知でしょうか?設備管理費の中の約3割がメンテナンス費用に割かれているのが現状です。 ハイグレードなリニューアルをし、なおかつコストを抑えるという目的の為にエレベーターデポは存在しているのです。 エレベーター専門のエレベーターデポはそのネットワークを結集し皆様に納得のコストパフォーマンスをお見せします。

ネットワークが最大の武器です

エレベーター専門の強みがあります。

エレベーターデポは「必要な部品を必要なときに」をモットーに、常に部品を資材センターにストックしています。 メンテナンス時の故障の発見や万が一の要請にも、そのつど部品を調達することなく、迅速に処理できます。
また、入手するのに時間のかかる部品でもネットワークを駆使して早急に対応が可能です。